ご挨拶

株式会社モビメントコスモのホームページにお越しいただき、ありがとうございます。代表の大橋直矢と申します。2015年3月に私は代表に就任しました。その時に掲げたのが、「無理⇒難しい⇒協力⇒実現」という目標です。一つ一つの言葉には、以下のような意味があります。

  • 無 理=可能性を0⇒1にする為に、選択肢から排除する
  • 難しい=難しい課題こそ、いい商品が出来る。また悩んだ分だけ成長できる
  • 協 力=関わる全ての人で知恵を出し合い、最善策を見出す
  • 実 現=最終目標の達成

大橋 直矢
1987年7月23日 茨城県生まれ

2006年 株式会社フットボールクラブ水戸ホーリーホック 入社
2009年 株式会社AC福島ユナイテッド 入社
2010年 NEC TOKIN FC 入団
2012年 株式会社モビメント 入社
2012年9月 株式会社モビメントコスモ 入社
2015年 株式会社モビメントコスモ 代表取締役就任

この目標は、私が株式会社モビメントに入社するまでの15年間、サッカーに打ち込んできたことと大きく関係しています。私自身、サッカー選手としては目に見える結果や輝かしい実績は残せませんでした。しかし、素晴らしい仲間との出会いや向上心の学びなど、数多くの貴重な経験が出来たと自負しています。

その一つに、やり通すことの大切さが挙げられます。サッカーに限らず、スポーツではあきらめてしまったり、投げ出してしまったりしては、いい結果には結びつきません。たとえその時の目標が実現できそうになかったとしても、努力し続ければ次に活かし道を切り拓いていけると、スポーツを通じて学べました。

サッカーで培った経験をビジネスの場面でも活かせるのではないか。代表就任後に考えたのが、冒頭の目標でした。難しい問題が目の前にあったとしても、最初から「無理」と決めつけずに行動することで解決につながる、あるいは違う選択肢を見出せるというスタンスでビジネスも取り組んでいきたいと考えています。そのためには、私一人だけではなく、弊社スタッフ、外注委託先の会社様、弊社の商品に関わる全ての方の力を合わせ協力していくことが必要不可欠です。

何より一番大切なのは、お客様の声です。利用する皆様のご意見を伺い、あらゆる側面から課題解決を図るだけでなく、試行錯誤を重ね、さらなる改良を加える中で、「利用いただく方のサポートができる商品」の実現に近づくと考えています。

最後になりましたが、現在取引しているお客様に日頃の感謝を申し上げこれからもサービスの向上に努めるとともに、初めてご覧いただいたお客様にもしっかりサポート出来る商品・サービスの向上に努めてまいります。今後ともご指導ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。

代表取締役大橋 直矢

大橋 直矢
1987年7月23日 茨城県生まれ

2006年 株式会社フットボールクラブ水戸ホーリーホック 入社
2009年 株式会社AC福島ユナイテッド 入社
2010年 NEC TOKIN FC 入団
2012年 株式会社モビメント 入社
2012年9月 株式会社モビメントコスモ 入社
2015年 株式会社モビメントコスモ 代表取締役就任